こどものオチャ

『コドモノオチャ』は、水出しでもおいしいお茶に仕上げました。

お茶は水でいれると、旨み成分は抽出され、苦み渋みの成分やカフェインが抽出されにくくなります。

水出しでお茶を飲むとカフェインなどの苦み成分が減り、うま味成分がでてくるので飲みやすくなります。

お茶にはエピガロカテキン(EGC)とエピガロカテキンガレート(EGCG)が含まれています。

これらはともにカテキンの一種ですが、エピガロカテキンガレートEGCGは強い苦味と渋味を持っています。

冷水でも1時間ほど茶葉をひたしておけば、うま味成分であるテアニンなどのアミノ酸や比較的穏やかな苦味を感じさせるエピガロカテキンEGCはお湯で淹れた場合とほぼ同じように出てくる一方、苦味や渋味の主成分であるエピガロカテキンガレートEGCGやカフェインはあまり出てきません

そのため、「水出し緑茶」は、うま味成分の量はお湯で淹れたお茶とほとんど変わらないにもかかわらず、苦味や渋味の成分が少なく、うま味を感じやすくなるわけです。

19-1.jpg

80℃の湯で2分間溶出させた各成分の溶出量を100%とした場合の、冷蔵庫10℃での各成分の溶出率。

EGCG:エピガロカテキンガレート、EGC:エピガロカテキン

水出しで飲むと、気になるカフェインが少なり、旨味成分のテアニン、エピガロカテキンが増えます。

houji.png
19-4.jpg
lemon.png

水で出すと、苦味や渋味の主成分であるエピガロカテキンガレートEGCGが少ないのがわかります。

詳しくは、果樹茶業研究部門の研究結果を​みてください。