板藍茶(バンラン茶)

古くから中国の家庭で愛されている健康茶

板藍(バンラン)とは

アブラナ科の植物、ホソバタイセイ(細葉大青)の根と葉のことです。
ホソバタイセイは南ヨーロッパ、西アジアの原産で江戸時代に中国を経由して日本に染科植物として伝来しました。中国の一般家庭では古くから健康維持に使われています。


板藍茶の効果

板藍根にはウィルス増殖を抑制する効果があり、ウィルス性の熱感染症全般を治療してくれます。
風邪やインフルエンザの予防に効果的です。


板藍茶を飲むタイミング

のどの痛みを感じた時や寒気など、風邪の気配を感じた時にはもちろん、人が多い場所へ出かける時に予防として飲むのもお勧めします。 薬ではないので副作用がなく、眠くなることがありません。市販の風邪薬と一緒に飲んでも大丈夫ですよ。

お子様からお年寄りまで、安心して飲んで頂けます。
体調が気になる受験生やドライバーさんもどうぞ。